みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
個人情報漏えい、高校生が逮捕!?
 韓国で個人情報を漏えいさせた高校生が逮捕された。

http://www.chosunonline.com/news/20110209000047

ニュースによると、逮捕された高校生はクラッキングを趣味と
していたとのこと

ほとんどの会社の管理職は、社会人もしくは、早くても高校生くらいから
パソコンを使い始めた世代ではないだろうか?
大学卒業後、すぐ起業したばかりの会社は、別だけど。

つかまった犯人は特別かもしれないが、子供のころからパソコンに
触れていた世代が、高校生ということは、
幼稚園や小学生のころから、パソコンや多機能の携帯電話を
使っている世代が、そろそろ社会人。

管理職の世代の情報倫理観と、新社会人の情報倫理観は
かなりかけ離れているのではないだろうか?

ツイッターやブログ、SNSなど、だれでも手軽に使えるソーシャルメディアが
ある上に、今までの情報に関する常識が通じないことを、しっかり頭に
叩き込まなければと、考えさせられるニュースでした


| ようこさん | ニュースから学ぶ | comments(0) | trackbacks(0) |
事故から学ぶ・・・は難しい?
東京ドームシティアトラクションズの事故から、昨日2月6日でちょうど1週間。

事故発生後、東京ドームシティアトラクションズは、休園したまま。

東京ドームシティアトラクションズでは、従業員の怪我などが昨年何件か
発生していたという記事もある。

なんで、事故が発生したときに、業務マニュアルの見直しや事故防止の再徹底を
行なわなかったのだろうか?
数年前のエキスポランドの事故は、参考にしなかったのだろうか?
 
遊園地は、楽しく安全に遊べる場所であるはず。
安全に遊べるように目視だけではなく、物理的に手で触って確認する
という「あたりまえのこと」ができていなかったことでの事故。

業務マニュアルが何のために存在し、日々の作業をなんのために
しているのかを組織全体で見失っていたのではないだろうか?

従業員や顧客の事故が発生したときに、全体の見直しを行っていれば、
死亡事故の発生、休園ということを防止できたのではないかと思う。

日ごろの細かな異変や事故を素直に受け取り、組織で共有し、組織全体で考え、
改善していくことが、企業の存続、お客様の信頼を維持し続ける一番の
手段であることを改めて実感させられる事件。

「あたりまえのことを、ばかになって、ちゃんとやる。」という簡単なことが
日々の忙しさの中で、埋もれてしまうことで、会社の存続を危ぶむことが
起きてしまうような気がします。

他社の事故を参考に、
 自社にとって、存続を危ぶむ事故ってなんだろう?
 自社にとって「あたりまえのこと」ってなんだろう?
 「ちゃんとやる」ってどういうことだろう?
を、再度考え、普段の作業を見直しすべきですね

| ようこさん | ニュースから学ぶ | comments(0) | trackbacks(0) |