みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
電車の運転手、教育中なのかな?
 あっという間に4月中旬

新人教育や配属が変わり、現場での指導に力が入る時期。

この間、帰りの電車で先頭車両(運転席のすぐ後ろ)に座っていたら、
「・・・はちゃうやろ、何回言わすねん」という声が、運転席から
聞こえてきました。

ブラインドが下ろされてて、運転席は見えないのですが、
どうやら2人座っている様子。

1人は、新しく配属されたばかりっぽく、発車時、停車時に
元気な声で、確認を行なっています。

もう1人が、おそらくベテラン運転手。
なんども怒号が聞こえてきます。

運転中に、なんども怒号が聞こえてくるので、乗っている私は
なんだか不安・・・。

電車の運転手にとって、第一に「確実な運転」なのかもしれませんが、
お客様があって、電車の運行が成り立っていることを忘れてないですか?
と、聞きたくなりました。

新入社員や新しく配属された人がいて、組織に新鮮な空気が流れている
今の時期は、組織の目的を再認識する良い機会なのかもしれません。

組織内で「あたりまえのこと」が、お客様目線で「あたりまえのこと」では
ないことを、教育する立場の人が改めて考え、伝えていくことで、組織も人も
成長していくんだろうな
| ようこさん | 教育 | comments(0) | trackbacks(0) |